始まりの家

新しい土地で新たな生活がスタートする4人家族の住宅である。建物は一方向に広がる二つのボリュームを対称的にずらして組み合わせた形を構想。片方の屋根には太陽光パネルを設置、もう片方は南側に向かって緩やかに開く形とした。住宅の隣にはガレージを併設している。
子どもをのびのび育てたいというご夫婦にとって最適な住空間とは何かを模索する中で、建物の1階部分は180度の方向にそれぞれ窓もしくは入口を設け、場所によっては交差し、通風と採光が良好な抜けのある空間とした。それぞれの部屋を回遊出来るため、見通しが良く開放的な居住空間となっている。
屋根の形状に合わせて2階北側の部屋にはロフトを設け収納スペースを確保するとともに縦方向への空間の広がりを意識した。

所在地
福岡県みやま市
主要用途
専用住宅
構造
木造
規模
地上2階
延床面積
176.05㎡
施工
大石建設(株)
竣工
2011年

WorksTop